オフィスの日常

ブログの説明

時代小説が大好きです。
現代ものよりも、すっと感情移入したり、
文章から頭の中に画像を浮かび上がらせることができるからかもしれません。

きょうは市井ものの中から一冊選んでみました。

『銀二貫』高田郁(幻冬舎)

表紙
ネットで調べたところ、
銀二貫は今のお金で250万円~300万円くらいだそうです。
大坂の寒天問屋の主・和助は旅先で、仇討で切られた侍とその息子を、
相手から銀二貫で「仇討を買う」ことで、命を救います。

侍は間もなく亡くなり、遺された子・鶴之輔は寒天問屋の丁稚「松吉」となります。

生きていくために。

銀二貫は、火災に見舞われた大坂天満宮の再建のため寄進すべく、
主自らつましい暮らしをして貯めたお金でした。
その後も銀二貫は要所に現れ、物語を動かす大きな鍵となります。

この物語から感じるのは
「生きた金、とはどういうことか」

金額の多寡ではなく
いつ、どんな役割を担うのか。

ラストシーンで
床についた和助と大番頭・善次郎の会話に
全てが凝縮されています。

ドラマや舞台化もされていますが、
ぜひ原作で味わっていただきたいな、と思う一冊です。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

めいお
  • Author: めいお
  • リアルな社労士事務所の日常をお伝えします。
    おちゃめな社労士と前向きなスタッフたちが日替わりで書きます〜

Search

Calendar

06月 « 2018年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

めいお

Author:めいお
リアルな社労士事務所の日常をお伝えします。
おちゃめな社労士と前向きなスタッフたちが日替わりで書きます〜

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する